[PR]

腰部脊柱管狭窄症の治療方法で悩んでいる方は脊柱管狭窄症.jp

変形性膝関節症の治療で悩んでいる方にお薦めしたい治療法。

頚椎ヘルニアでお悩みの方は
頚椎ヘルニア治療NAVIをご覧ください。

脳の血流を良くする方法

脳の血流が低下すると、様々な不具合が起こります。血流が下がれば脳は活動も鈍くなり、体調や思考能力に大きく影響を及ぼします。

日常生活の中でわかりやすい例をあげると、頭がぼーっとする、集中できない、物忘れが増えたなどということがあげられます。

また、血液の流れが悪い状態は必ずしも低血圧だけを指すものではなく、血液がドロドロで流れにくい状態なども指すので、脳梗塞や脳出血などの頭の病気を発病するリスクもあります。

しかしこのような血流の低下は、日々の工夫で防ぐことができます。加齢による脳の衰えと血流低下が重なって起これば、認知症などになる可能性もありますから、日々、脳の血流を良くする方法を実践して、脳の活性化をしたいですね。

また、老化による認知症だけでなく、若い人でも脳の血流が低下するとうつ病になりやすくなるという報告もあるので、要注意です。

脳の血流が低下するとそれによって衰える機能をフォローするために交感神経が活発に動き始めます。しかしこの神経は副交感神経とバランスを保って活動していないと、身体に多くの不調を与え、精神面でも不安定になってしまうのです。

精神面だけでなく体調にも不調が現れ、自律神経失調症や、病気とまでは行かずとも、常に体調が不安定な未病といった状態になってしまうこともあります。

では実際に脳の血流を良くする方法にはどのようなものがあるのでしょうか。ここではその方法をいくつかご紹介いたします。

血流を良くするということは、血行を良くすることでもあります。適度な有酸素運動は新陳代謝を促し、血行を良くする働きがあります。

また、長時間のデスクワークで同じ姿勢を続けていると筋肉が固まって血の巡りが悪くなってしまうので、そういったことを防ぐためにも適度な運動は重要です。

身体を動かすのは苦手だと尻ごみすることはありません。簡単なものでいいのです。デスクワークであれば、筋肉が固まらないよう定期的に伸びをしたりするだけで構いません。

また、指先の運動も脳の血流を良くする方法としては非常に有効です。というのも、指先は多くの神経や細い血管が集まる繊細な場所で、ここを動かすことで脳を活性化させるには十分な運動になるのです。左右の指をバラバラに動かすのがお勧めです。

左右非対称の運動は体を動かしながら脳を使うことでもあり、このような方法は血液だけでなく、脳細胞の発達や神経の促進など、より脳を活発にさせるために役立ちます。

その他には、普段の食事に気を使うことも、脳の血流を良くする方法として有効です。ファーストフードや脂っこい食事、また野菜の少ない片寄った食事を続けていると、血液はドロドロになって流れにくくなってしまいます。

流れにくくなれば当然それは血行が悪くなることに繋がります。サラサラの流れやすい血液になるよう気をつけるようにしましょう。

食事という点では、朝ご飯をしっかり食べるというのも重要です。というのも、脳が活発に動くにはエネルギーが必要で、朝というのはこれから動き出す時間帯ですから、この時にエネルギーをしっかり補給しておかないとお昼ご飯まで脳の活動が低下したままになってしまうためです。

寝ている間にも、脳は動き続けています。また、朝起きて身体を覚醒モードにするためにも、朝ご飯をしっかりと食べることは非常に重要です。

その他には、脳の血流を阻害する成分をあまり摂らないように気をつけるという方法盛ります。たとえばニコチンは血管を収縮させてしまうので、できればタバコは吸わない方が良いでしょう。

よく目覚ましに使われるカフェインも、少量であれば良いのですが、摂りすぎは脳の活動をかえって悪くしてしまいます。たとえばコーヒーなら、1日2~3杯くらいを目安にすると良いでしょう。

お薦めサイト一覧

すべり症の方にお薦めしたいサイトはすべり症治療naviです。

ブロック注射について詳しく知りたい方はブロック注射情報ナビをご覧ください。

リノベーション費用見積比較ナビのような情報サイトでも色々と紹介されています。


新着情報

 2016年11月03日:しびれと麻痺
 2016年08月12日:睡眠障害によって起きる健康被害
 2016年07月26日:健康食品と青汁